TOP

買取ジャンル

骨董品・美術品

買取ジャンル

骨董品・美術品

骨董品・美術品の買取は実績豊富な諭吉へ

蒐集していた、ずっとおいたままの、価値のわからない骨董品・美術品の買取は諭吉におかかせください!
絵画や掛軸、和洋問わずの陶器類、茶道具や鉄瓶、金製・銀製の骨董品、中国骨董、刀、置物など
また作家がわからない、状態のよくない骨董品・美術品でも適正な価値を評価し、業界トップクラスの価格でお買取りさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
買取点数年間100万点突破!実績がある、だから諭吉(ゆきち)は安心です!

\骨董品・美術品、ただいま高価買取中/

  • 陶磁器
    陶磁器
  • 掛け軸
    掛け軸
  • 茶道具や焼物など
    茶道具や焼物など

諭吉が骨董品・美術品を高価買取できる理由

経験豊富な査定士が査定
  • 1
  • 経験豊富な査定士が査定
  • 経験豊富な査定士がどのような骨董品・美術品でも、どのような状態でもしっかりと査定し金額をつけさせていただきます! 処分される前に一度ご相談ください! ※商品の状態や種類などによってはお買取り出来ない場合もございますので、あらかじめご了承ください
  • 2
  • 徹底リサーチによる 最新相場の把握
  • 徹底リサーチにより骨董品・美術品相場を常に把握しています。 また豊富な販売ルートがありますので他店より高価買取ができています!

諭吉では状態問わず骨董品・美術品を買い取り査定

こんな状態でも諭吉では?

汚れていてもサビていても
汚れていてもサビていても
付属品がなくても
付属品がなくても
大量・未選別でも
大量・未選別でも

状態の良くない骨董品・美術品でもお気軽にお問い合わせください!
共箱などかなくてもお買取りは可能です。
またサビている、汚れていても洗浄など行わずそのままお持ちください、
歴史的価値が下がってしまうことがございます。処分される前に一度ご相談ください!

買取のご相談はこちら

選べる買取方法

催事買取開催中はてな

2022/5/17~20
新潟県三条市

2022/5/17~20
福岡県福岡市

2022/5/17~19
熊本県玉名市

他の日程を見る

骨董品・美術品の高価買取のポイント

付属品(共箱、鑑定書その他備品)がある
付属品(共箱、鑑定書その他備品)がある
付属品(共箱、鑑定書その他備品)がある場合はご一緒にお持ちください。
ご提示できる金額が有利になる場合がございます!
そのままの状態で
そのままの状態で
そのままの状態でお持ちください。
他の商品と異なりサビている、汚れていても
洗浄など行わないでください。
歴史的価値が下がってしまうことがございます。
まとめ売り
まとめ売り
まとめてお売りいただくと買取金額をアップいたします!
商品をまとめとお売りいただけることでご提示できる金額がアップする場合がございます!
※時期や商品の状態などにより価格は変動いたしますのでご了承ください。

骨董品・美術品をお売りいただいた

お客様の声

処分にこまっていてチラシを見て来ました。(香川県60代男性)

処分にこまっていてチラシを見て来ました。(香川県60代男性)

持ちぐされより少しでもお金になり助かりました。(宮城県60代夫婦)

持ちぐされより少しでもお金になり助かりました。(宮城県60代夫婦)

良い値段がつきましたので嬉しかったです。(宮城県70代女性お友達2人)

良い値段がつきましたので嬉しかったです。(宮城県70代女性お友達2人)

毎年記念に頂いていた高価な食器です(奈良県60代女性)

毎年記念に頂いていた高価な食器です(奈良県60代女性)

高価な食器ですが大事にしまっていて結局使わなかったものです(奈良県60代女性)

高価な食器ですが大事にしまっていて結局使わなかったものです(奈良県60代女性)

FAQ

骨董品・美術品の買取についてのよくある質問

骨董品・美術品を売りに行くのに何か必要ですか?
お買取するにあたり、身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)が必要です。 ※刀剣類は登録証が必須です。
共箱などの付属品がなくても買取できますか?
諭吉では付属品がなくてもお買取り可能でございます。 もちろん無いより有るほうがご提示できる金額が有利になる場合もあります。
銘のない刀も買取できますか?
銘のない刀でも国宝の刀は存在します。 銘がないことを理由に買取出来ないことはございませんので ぜひ一度拝見させてください。※登録証は必須です。
海外の骨董品も買取できますか?
諭吉では海外の骨董品もお買取り可能でございます。 ぜひ一度拝見させてください。
汚れている商品でも買取できますか?
汚れたもしくはサビた、変色したという理由でお買取り出来ないということは基本的にございません。 汚れているからと言って洗浄など行わないでください、歴史的価値が下がってしまうことがございます。